サルベージ 本場イタリアの食材を使った本格イタリア料理から、イタリアマンマの田舎風郷土料理まで、落ち着いた雰囲気の店内でゆったりとお楽しみ下さい。

SALVAGE

RESTAURANT&BAR

関連サイトリンク

オーナーメッセージ

秩父食農代表・オーナーシェフ / 坪内 浩

秩父地域を中心に日本国内の食材を、
イタリア料理として構築する新しい郷土料理の提供

秩父食農代表・オーナーシェフ / 坪内 浩

秩父食農代表・オーナーシェフ / 坪内 浩

秩父食農代表・オーナーシェフ
坪内 浩

有機農業家・野菜ソムリエ

有機(循環型)農業×イタリアンレストラン=秩父食農

高等学校卒業後に飲食店に勤めサービス業の楽しさを知り1999年19歳にして移動販売簡易飲食店(タコス・ゴンザレス)を開業。 2002年22歳、同世代の若者と秩父市宮側町にカフェ&バーサルベージを開業、ライブステージがありバーカウンターとキッチンカウンターを備えたライブダイニングカフェをオープン。

その後、イタリア料理の魅力にひかれイタリアン専門店を新装開店。
有機農業を主とした坪内農園の開始、秩父の食材を主とした現在の当店の基盤となる。

2011年フリーダムビレッジと合併、フリーダムビレッジ株式会社役員・食農事業部を任され、農スタイルSONMIN事業を開始、次世代へ農のある暮らしを提案する活動が始まる。
2013年事業の細分化を図り、秩父食農として分社、現在に至る。

活動内容

持続可能な循環型社会をめざし、有機農業とイタリアンレストランを運営する秩父食農を立ち上げ、農場長兼シェフとして従事する。
農園面積は130アール、大麦・米・大豆などの穀物に野菜やハーブにキノコなど150品種以上を栽培、地元秩父の20社以上の企業や飲食店から産まれる、産業副産物を(バークチップ・廃菌床・生ごみ・木炭)生産作物や玉子と物々交換で頂き堆肥作り・養鶏飼料として利用 さらに畜産として200羽の養鶏を営むことで、鶏肉・玉子・健康的な鶏糞も自給し、まさに循環する自給自足レストランを現実のものとした。
ご予約・お問合せはTEL.0494-22-6227

☎0494-22-6227

店舗情報・アクセス
ちちぶるさんにて特集記事が掲載されました。

ページTOPへ